依然倒れたままのルフィ「……」

ルフィに近づくカイドウ「…SMILEの件では世話になったなァ…てめぇにはしっかりお返してやるよ……!!」

焦るロー「やべぇ!!クソっ……!!」

ルフィ「グッ…!!ゲボ!!」

カイドウ「立てよ……麦わらァ…!!」

ルフィ「ハァ……やっぱ四皇は……ハァ……強ェな……!!」「ケホ」

構えるカイドウ「小僧…ここまでよくきた……ただ……!!」

ルフィ「……!!」

棍棒の薙ぎ払い
カイドウ「ここで終わりだァ…!!!」

ロー「シャンブルズ!!」

間一髪入れ替わり担がれるルフィ「ハァ……すまねェ……!」

ロー「だから逃げるぞと言っただろうが!!」

近づくカイドウ「逃げられると思ってんのかァ!!!」

ロー&ルフィ「!!!?」

立ち向かおうとするルフィ「くっそォ!!!」

ロー「バカ!!無理だとわかっただろ!…!?」

振り下ろすカイドウ「雷鳴三易!!!」

ローとルフィにあたりその場に倒れる

部下に指示するカイドウ「おい テメェら…牢獄にぶち込んどけ…」

部下「はい…!」

カイドウ「最悪の世代も名ばかりだったってことだなァ…!!」「」

(場面転換)

しのぶの瞬間移動のような忍法を使って避けていたサンジたち。

サンジ「ハァ……助かった…ありがとう……バアさん……!」

ナミ「くノ一ってやっぱり凄いのね…!」

しのぶ「わたすの忍法は錦様もお認めの実力!!」

目を輝かせるチョッパー「忍者ってすげェ!!」

しのぶ「忍者ではない…!妖艶なるくノ一だ!!フフフ……」

ブルック「ルフィさんとローさんは大丈夫でしょうか…?」

サンジ「チッ…おれが見てくる…!!お前らは錦えもんの作戦通りに動け!」

ナミ「無理しないでね!!サンジくん!」

空中歩行で飛んでいくサンジ「了解ー!!」

ナミ「よし!私達もいきましょ!!」


(場面転換)


上空を移動するサンジ「こりゃ…下町もだいぶひどい状況だな…」

おこぼれ町へとつき錦えもんと会うサンジ。

サンジ「錦えもん!!」

錦えもん「サンジ殿!!無事であったか!!」

サンジ「まぁ…なんとかな……そちらの方は?」

お鶴「鶴と申します この方がお世話になったそうで…」

サンジ「錦の奥さんってことか…ルフィとローはどうなった…?」

錦えもん「分からぬが火柱が上がり町は混乱しておる…!ルフィ殿が暴れてるおるのだろう…」

サンジ「そうか……」

カイドウの部下「麦わらも相当強いがやはりカイドウさんは桁外れですね」

ジャック「最悪の世代が3人も揃ったか…誰が最初に堕ちてくれるか…」

サンジ「ん!?」

ジャックらが引いているのにはルフィとローが乗っていた

隠れる錦えもん「あれはカイドウの部下達であろう!見つかってはマズイ!!」

サンジ「ありゃ真ん中のデカブツは相当強いか…!」「ただ…!ルフィとローが乗ってやがる…あいつら………!!」

カイドウの部下「ジャック様……!これは麦わらの一味もいるということなのでしょうか…?」

ジャック「そうなるな…手配書をばら撒こうと思う…」

サンジ「あれがジャックか!?」

錦えもん「ジャックといえば……ゾウの島を襲った……!」


イヌアラシ『たかだかカイドウの一軍隊 ジャックの軍団に対してこの結果!!』

サンジ「それに正体が割れちまう……何とかしねぇとな…!」

錦えもん「追うのであるか…?サンジ殿…!」

サンジ「ああ…おれ1人でいく……!!錦えもんは作戦に集中してくれ…!!」

お菊「拙者も連れていってください!!」

サンジ「これは危険だ…誰も連れていけねェ…!」

お菊「錦えもん様!ルフィさんに助けて頂いたんです…!!」

錦えもん「…!!」「ハァ……」「サンジ殿…連れて行ってやってくれぬか…心配は無用!!」「お菊は侍…!!足でまといにはならぬだろう……!!」

サンジ「しょうがねぇ…菊ちゃん…!いくか!」

嬉しそうなお菊「……!!」「はい!!」

サンジ「それじゃ錦えもん!!先に鬼ヶ島へ行ってるぞ!!!」

錦えもん「分かった…!!気をつけて!!!」

走るサンジとお菊